忍者ブログ
我孫子中バンド公式ブログ 活動日誌
[32]  [30]  [29]  [28]  [27]  [25]  [24]  [23]  [26]  [22]  [21
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 今日は、あびこ楽校フェスティバルで講演「かえるはなぜ鳴かなくなったのか?」の前座として演奏をしてきました
(詳しくは過去の記事に書かれていますの、でそちらをご覧ください)

 今日の本番で一番感じ、学んだことは「地域の方々の暖かさ」でした。まず、お客様の目的は「かえるはなぜ鳴かなくなったのか?」の講演を聞きにくるためだったのに、突然どこの輩かも分からない子供たちが演奏を初めて、少し嫌な気分にさせてしまうのではないかと本番が始まるまで ド キ ド キ していたのですがお客様は、私たちが演奏を始めるとしっかり演奏を聴いてくださり、さらには最後の「ビリーブ」を一緒に歌ってくださったお客様、さらには演奏後に「演奏よかったよ!」といってくれるスタッフの方がいたりと、とても暖かい雰囲気の本番になりました。

 このように私たちのまだまだ未熟な演奏をきちんと聴いてくださり、また、影から活動を応援してくださる地域の方々がいるからこそ、私たちは演奏を続けていくことができ、その地域の方々のために一生懸命音楽を、一つ一つの音を作り上げていき地域の皆様に「生の音楽」を届け、お礼をしていく。このような「人との交流・音楽の輪」を広げていくことが本当に大事なことだと学ぶことが出来ました。

 本日演奏を聴いてくれたお客様・スタッフの方々、本当にありがとうございました。

 また、その生の音楽の大事さの真の意味を私たちに教えてくれたのが本日行われた室内合奏団クレメンティアの定期演奏会で指揮を務められたゲルハルト・ボッセさんでした。ボッセさんが今日の集まりで話された一言一言は私たちの心に響く大変な言葉でした。
(クレメンティアにつきましては、今日の管理人:こじろぅ の記事をご覧下さい)

ボッセさんは、 本当に言葉では言い表せないような心に熱いものを持った人間的にも音楽的にも優れた偉人であり、私たちが目標とする人物像そのものでした。近いうちにこの我孫子に大変優れたコンサートホールが建ち、もう一度ボッセさんとクレメンティアの作り出す素晴らしい音楽が聴けることを祈ります。

今日は、私たち我孫子中学校吹奏楽部が大きく成長できた一日だと感じました

 広報部長


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
我孫子中バンド
性別:
非公開
職業:
吹奏楽部
自己紹介:
私たち我孫子中吹奏楽部は地域の皆様に生の音楽を味わってもらい、音楽の輪を広げていくということを目標に活動しています。曲のジャンルも幅広く、クラシックからラテン、ジャズ、ポップスとたくさんのレパートリーがあります。また我が部には少年少女白樺合唱団(通称:SNAP)というグループがあり、曲によって歌ったり、踊ったり毎回楽しいステージをお送りしています
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]